ようこそ 古都「大津」へ

世界文化遺産や歴史遺産、琵琶湖などを有する
大津市。温かい人情でみなさまをお出迎えします。

大津市の観光案内ページを見る>>>●

大津市の宿泊案内ページを見る>>>●

デジタルブック「古都大津おくにじまん」

●体験施設
比良げんき村(ひらげんきむら)
大自然に囲まれて体験する
深い緑に囲まれた野外活動施設。大自然の中、キャンプやアスレチックが楽しめます。杉焼工作やプラネタリウム、20cmの屈折望遠鏡による天体観測もおすすめです。
●住所/大津市北小松1769-3●営業時間/9:00〜17:00●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)●料金/無料(ただし、キャンプ・木工作・天体観測施設は要予約、別途料金必要)●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、湖西道路志賀バイパス経由約60分●駐車場/有●問合せ/Tel.077-596-0710●http://www.genkimura.club/

びわ湖バレイ・びわ湖テラス
(びわこばれい・びわこてらす)
比良の山並みと眼下のびわ湖
琵琶湖西岸にそびえる比良山系の打見山・蓬莢山に広がる関西有数の規模を誇るスキー場です。山麓駅から最新鋭の大型ロープウェイで打見山山頂に着くと眼下に琵琶湖が広がります。変化に富む8つの滑走コースで雄大な景色を眺めながら豪快なスキーが楽しめます。
●住所/大津市木戸1547-1●営業時間・休み・料金/曜日等により異なりますので、ホームページを参照ください●アクセス/京都東ICより西大津バイパス経由、湖西道路志賀ICを下りて1つ目信号右折、1km先右折●駐車場/有(有料となりますので、詳しくはホームページを参照ください)●問合せ/Tel.077-592-1155
http://www.biwako-valley.com/

葛川渓谷(かつらがわけいこく)
四季折々の自然美に彩られた渓谷
安曇川の上流、比良山系の西側に南北に伸びる自然豊かな渓谷。かつて若狭から海産物を運ぶ「鯖街道」が通っていました。渓谷沿いには、明王院や地主神社があり、まさに聖地の雰囲気があります。シーズンには、鮎をはじめ、アマゴやイワナなどの釣りやキャンプなどでにぎわいます。
●住所/大津市葛川●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、湖西道路経由約45分●駐車場/無料●問合せ/葛川観光協会 Tel.077-599-2001

葛川森林キャンプ村
(かつらがわしんりんきゃんぷむら)
自然の宝庫でキャンプ体験
大津市立のキャンプ村。大自然の中でのキャンプが満喫できます。バンガロー、テント、テニスコートをはじめ、シャワー室、屋根付き炊飯場などを完備。(要予約)
●住所/大津市葛川坊村237-37●営業期間/4月中旬〜10月中旬に開村します。事前にお問合せください。●休み/事前にお問合せください。●料金/事前にお問合せください。●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、湖西道路経由約45分●駐車場/有●問合せ/Tel.077-599-2222(シーズン中)/077-599-2156(葛川森林組合)

比叡山・奥比叡ドライブウェイ
(ひえいざん・おくひえいどらいぶうぇい)
比叡山を快適ドライブ
比叡山内には、延暦寺根本中堂のある東塔を境に北側を奥比叡ドライブウェイ、南側を比叡山ドライブウェイが走っています。全長約20Kmでまさに比叡山内を縫うように走っています。
特に奥比叡ドライブウェイは様々な種類の桜が植えられており、そのほとんどが八重桜です。一千本を超える八重桜の並木道は壮観。毎年ゴールデンウイークに見ごろを迎え、また、秋の紅葉のシーズンには、沿道を赤く染めます。
年間を通じて自然が満喫でき、琵琶湖や京都市が一望できる最高のドライブコースです。
●住所/大津市坂本本町〜仰木●営業時間/7:00〜23:00(季節により変動あり)●料金/2380円(普通車で比叡山、奥比叡縦走していただけます。)●休み/無●アクセス/京都東IC→西大津バイパス(近江神宮ランプ)→下鴨大津線(山中越)→田の谷峠ゲート●駐車場/各駐車場有(無料)●問合せ/比叡山自動車道 Tel.077-529-2216、奥比叡参詣自動車道 Tel.077-578-2139
●比叡山ドライブウェイ http://www.hieizan-way.com/
●奥比叡ドライブウェイ http://www.hieizan.co.jp/

びわ湖大津館 (びわこおおつかん)
古きよき時代の雰囲気と庭園を楽しむ
琵琶湖に隣接する親水公園である柳が崎湖畔公園のメイン施設。昭和9年建築の旧館(旧琵琶湖ホテル)を保存改修し、湖を見渡せるレストランやカフェとして平成14年に新しく誕生しました。建物は、歌舞伎座などの設計で名高い故岡田信一郎によるもので、旧館は「湖国の迎賓館」と呼ばれ、昭和天皇やヘレン・ケラー、ジョン・ウェインなどの著名人が宿泊し、滋賀県一の格式を誇っていました。
バラをはじめとする花々が年中咲き誇るイングリッシュガーデンもみどころ。また多彩なイベントもあります。
●住所/大津市柳が崎5-35●営業時間/9:00〜18:00(施設により異なる)、(レストランは21:00まで)●休み/各施設により異なります。ホームページでご確認ください。●庭園入場料/320円●アクセス/大津ICより15分●駐車場/普通車150台、大型車9台●問合せ/Tel.077-511-4187 ●http://www.biwako-otsukan.jp/

大津港(びわ湖遊覧)(おおつこう)
びわ湖観光の玄関
母なるびわ湖を肌で感じるには、やはり実際にクルーズに出ることがおすすめ。びわ湖からみる比良比叡の山並み、大津の町並み、そして360度の大パノラマは、まさに圧巻。
また、びわ湖観光の玄関口である大津港の沖にある、長さ440mの世界最大級の花噴水は、時間毎に形が変化し、夜には緑、橙、白の3色でライトアップされ、ロマンチックなムードを演出してくれます。
●住所/大津市浜大津5丁目●運航スケジュール、ダイヤ、料金などはホームページでご確認ください。●アクセス/大津ICより5分●駐車場/普通車150台(地下駐車場 ※有料)、大型車可●問合せ/びわ湖遊覧(琵琶湖汽船) Tel. 077-524-5000●http://www.biwakokisen.co.jp/

膳所城跡公園(ぜぜじょうせきこうえん)
激動の歴史ドラマの舞台
膳所城は徳川家康が関ヶ原の合戦の翌年に完成させた城で、湖水を利用して天然の堀をめぐらせた美しい水城でした。明治維新によって廃城となり、城門は、膳所神社や篠津神社に移築され、本丸跡は膳所城跡公園として桜の名所となっています。
●住所/大津市本丸町●休み/無●料金/無料●アクセス/大津ICより10分●駐車場/普通車数台●問合せ/大津市公園緑地協会 Tel. 077-527-1555

瀬田川リバークルーズ(せたがわりばーくるーず)
ゆったりと瀬田川を巡る
素晴らしい自然景観をかもしだす瀬田川。周辺には、近畿の命の水を支える「南郷洗堰」や「瀬田の唐橋」、「石山寺」をはじめ、千二百年以上もの時を刻むお寺や神社などがあります。あの広重が描いた「近江八景」のなかの「瀬田の夕照」や「石山の秋月」の舞台を、レトロな船で旅してみませんか。
●住所/石山寺港、瀬田川新港●運航スケジュール、ダイヤなどはホームページでご確認ください。●料金/大人1300円●アクセス/瀬田西、東ICより15分●駐車場/周辺有料駐車場をご利用ください。●問合せ/レークウェスト観光 0120-077-572●http://www.lakewest.jp/

水のめぐみ館アクア琵琶
(みずのめぐみかんあくあびわ)
琵琶湖・淀川を学ぶ・体験する
琵琶湖の四季や生活とのかかわりをマルチスクリーンで上映する映像ホールをはじめ、洗堰などに代表される琵琶湖の治水・利水の歴史や総合開発、瀬田川の砂防など、琵琶湖と淀川水系について紹介しています。
●住所/大津市黒津4-2-2●営業時間/9:30〜16:30●休み/年末年始、不定休※ホームページをご確認下さい●料金/無料●アクセス/瀬田西、東ICより15分又は京滋バイパス石山ICより10分●駐車場/普通車24台●問合せ/Tel.077-546-7348 ●http://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/aquabiwa/

●社寺・仏閣
小野神社(おのじんじゃ)
小野妹子ゆかりの地「小野」
木々が茂る静かな雰囲気の中に社殿があります。
祭神は、第五代孝昭(こうしょう)天皇の第一子と、遣隋使の小野妹子(おののいもこ)の先祖にあたる米餅搗大使主命(たがねつきおおおみのみこと)です。米餅搗大使主命は、日本で初めて餅つきをしたと伝えられており、菓子作りの神様として広く信仰を集めています。
また、小野神社の参道に生育するムクロジは、胸高周囲4.19メートルもの大樹で県下最大です。
●住所/大津市小野1961●休み/無●拝観料/無料●アクセス/湖西道路和邇ICより10分●問合せ/志賀観光協会 Tel.077-592-0378

小野道風神社(おののとうふうじんじゃ)
小野道風を偲ぶ旅
平安時代の書家小野道風がまつられています。
小野道風といえば、柳に飛びつく蛙の姿を見て、書にはげんだエピソードは有名。切妻造平入の本殿は、室町時代に建立されたという。手挟みという部分には、すばらしい唐草彫刻が施されています。
●住所/大津市小野1213●休み/無●拝観料/無料●アクセス/湖西道路和邇ICより10分●駐車場/数台●問合せ/志賀観光協会 Tel.077-592-0378

葛川息障明王院
(かつらがわそくしょうみょうおういん)
「鯖街道」を歩む旅
比叡山延暦寺の僧相応和尚が、平安初期に回峰行道場として開いた寺院。重要文化財の本堂、護摩堂などが老杉に覆われた境内に建ち並んでいます。参籠札の中には、足利義満、日野富子のものも見られます。政所表門(まんどころおもてもん)は、直接の資料はないが境内で最も古い建物で、17世紀初期と考えられています。
付近には、相応が不動明王を感得した「三の滝」があり、7月18日には、「太鼓まわし」という回峰行者の行事の舞台となります。
●住所/大津市葛川坊村町155●休み/無●アクセス/湖西道路真野ICより30分●駐車場/葛川支所前駐車場(無料)●問合せ/Tel.077-599-2372

浮御堂(満月寺)(うきみどう(まんげつじ))
松尾芭蕉ゆかりの地
平安時代に恵心僧都源信が琵琶湖の湖上安全と衆生済度のため、湖中に仏閣を建立したとされている。臨済宗大徳寺派の寺院。現在の建物は、昭和12年の再建によるもので、昭和57年にも修理が行われ、昔の情緒をそのまま残しています。
湖中に浮かぶお堂の景観の素晴らしさは、近江八景「堅田の落雁」で名高く、松尾芭蕉はじめ多くの人々に愛され続けています。
●大津市本堅田1-16-18●営業時間/8:00〜17:00(本堂、開山堂)●休み/無●拝観料/300円●アクセス/湖西道路真野ICより10分●駐車場/普通車30台●問合せ/Tel.077-572-0455

祥瑞寺(しょうずいじ)
一休さんゆかりの地
華叟宗曇が室町時代に開いた臨済宗の寺院。
とんちで有名な一休宗純は、宗曇の弟子で、青年時代修業した寺として有名。元禄3年(1690年)には松尾芭蕉もこの寺を訪れており、句碑もあります。
●住所/大津市本堅田1-27-20●休み/無(本堂・開山堂は不定休)●拝観料/無料(本堂・開山堂400円 ※要予約)●アクセス/湖西道路真野ICより10分●駐車場/無●問合せ/Tel.077-572-2171

日吉大社(ひよしたいしゃ)
山王さんの総本宮
全国3800余りの山王さんの総本宮、古事記にも登場する古社。湖国屈指の紅葉の名所でもあります。
広大な境内には、国宝の東本宮・西本宮の本殿をはじめ、21社が祭られており、重要文化財に指定されているものが多く、中には、過去日吉大社の例祭である山王祭で実際に使用されていた重要文化財の神輿などもあります。境内一帯は、国指定の史跡に指定されています。
境内を流れる大宮川には、重要文化財にも指定されている日吉三橋が架かっています。
●住所/大津市坂本5-1-1●営業時間/9:00〜16:30●拝観料/300円●休み/無●アクセス/湖西道路下阪本ICより10分●駐車場/普通車50台●問合せ/Tel.077-578-0009 ●http://hiyoshitaisha.jp/

西教寺(さいきょうじ)
明智光秀ゆかりの地
聖徳太子により創建され真盛が再興した寺院。天台真盛宗総本山。戒律・念仏の道場として、1日も絶えることなく念仏が唱えられています。
比叡山焼き討ちで焼失した後明智光秀が復興したことから、明智一族の墓が残っています。境内には、総欅造りの本堂(重要文化財)や伏見桃山城の宮殿を移築した客殿があります。
●住所/大津市坂本5-13-1●営業時間/9:00〜16:30●拝観料/500円●休み/無●アクセス/湖西道路下阪本ICより10分●駐車場/普通車50台、大型車数台●問合せ/Tel.077-578-0013
http://www.saikyoji.org/

旧竹林院(きゅうちくりんいん)
庭園と静寂を堪能する
かつては里坊であったが、現在は市の所有になって一般公開されています。
大宮川の清流を取り入れ、八王子山を借景にした池泉回遊式の一千坪の庭園は国指定の名勝庭園で、庭園を眺めながら抹茶を賞味できます。庭園内に二棟の茶室と四阿(あずまや)が巧みに配置され、中でも入母屋造り茅葺きの茶室(小間)は、「天の川席」と呼ばれる珍しい間取り。全国でも武者小路千家東京道場以外、例がありません。
●住所/大津市坂本5-2-13●営業時間/9:00〜17:00(受付は16:30まで)●拝観料/320円、抹茶400円●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、祝翌日、年末●アクセス/湖西道路下阪本ICより10分●駐車場/普通車10台、大型車10台●問合せ/Tel.077-578-0955

滋賀院門跡(しがいんもんせき)
美しき穴太衆積みと庭園
天海大僧正が1615年に京都・北白川の法勝寺を移転したものといわれ、後水尾天皇から滋賀院の号をうけました。また江戸時代末まで天台座主となった法親王代々の居所でした。穴太衆積みの石積みと白壁をめぐらせた門のほか、江戸時代初期・小堀遠州の作庭とされる国指定名勝庭園や狩野派の襖絵が鑑賞できます。
●住所/大津市坂本4-6-1●営業時間/9:00〜16:30、季節により短縮あり●拝観料/450円●休み/不定休●アクセス/湖西道路下阪本ICより10分●駐車場/普通車20台、大型車数台●問合せ/Tel.077-578-0130

公人屋敷(くにんやしき)
門前町の歴史を知る
江戸時代、延暦寺の僧侶でありながら妻帯(さいたい)と名字帯刀(みょうじたいとう)を認められた「公人(くにん)」と呼ばれる人たちが住んでいた住居のひとつ。近年の生活様式の変化により、内部が原型をとどめないほど改装されている住居が多い中、岡本家の家屋は全体に公人屋敷としての旧状をよくとどめた社寺関係大型民家の特徴を示す住居として残されてきました。
●住所/大津市坂本6-27-10●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●拝観料/100円※企画展示の場合別料金●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、 祝翌日、年末年始●アクセス/湖西道路下阪本ICより10分●駐車場/無●問合せ/Tel.077-578-6455

比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)
静寂なる世界文化遺産
約1200年前、伝教大師最澄が開いた比叡山延暦寺は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている日本仏教の母山。東塔、西塔、横川の3つのエリアに分かれる広大な境内は杉の巨木に覆われ、威厳に満ちた雰囲気を漂わせています。
延暦寺の総本堂にあたる根本中堂は、徳川三代将軍家光により再建され寛永19年(1642年)に造営が完了。本尊である伝教大師最澄自作の薬師如来の前には、不滅の法灯が1200年間消えることなく灯り続けています。
●住所/大津市坂本本町4220●営業時間/(東塔地区)8:30〜16:30、(西塔・横川地区)9:00〜16:00(冬季期間は降雪等の為、閉堂時間を早めることがあります。また法要・行事等で入堂を制限する場合があります。)●拝観料/700円(3塔共通券)●休み/無●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、比叡山ドライブウェイ(有料)経由40分(東塔)●駐車場/普通車425台、大型車100台●問合せ/Tel.077-578-0001
http://www.hieizan.or.jp/

唐崎神社(からさきじんじゃ)
「唐崎の松」を訪ねる
日吉大社の摂社の一つで持統天皇の頃の創建と伝わる古社。祭神は女別当神(わけすきひめのみこと)。女神を祭神としていることから女人の信仰が厚く、平安時代には天皇の災禍を払う七瀬の祓所の一つに定められていました。
近江八景「唐崎の夜雨(やう)」で名高い景勝地であり、境内には松尾芭蕉の「辛崎の松は花より朧にて」の句で知られる、唐崎の松が境内にあります。
●住所/大津市唐崎1-7-1●休み/無●アクセス/湖西道路下阪本ICより5分●駐車場/唐崎苑をご利用ください。(無料)●問合せ/日吉大社 Tel.077-578-0009 ●http://hiyoshitaisha.jp/karasaki/

園城寺(三井寺)(おんじょうじ(みいでら))
天台寺門宗総本山
近江八景「三井の晩鐘」で名高い天台寺門宗総本山。
国宝の金堂をはじめとする数々の歴史遺産の豊富さは圧巻。観音堂は西国三十三所観音霊場第十四番札所にもなっています。 三井寺の名は、天智・天武・持統の三帝の産湯に使われた閼伽井と呼ばれる井戸があることに由来しており、桜の名所としても有名です。 園城寺のはじまりは、672年、大友皇子(天智天皇の子:弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟:天武天皇)が皇位継承をめぐって争い、壬申の乱が勃発、壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことからとされています。
●住所/大津市園城寺町246●営業時間/8:00〜17:00●拝観料/600円●休み/無●アクセス/京都東ICより10分●駐車場/普通車350台、大型車30台(有料)●問合せ/Tel.077-522-2238●http://www.shiga-miidera.or.jp/

近江神宮(おうみじんぐう)
大津京のロマンを感じる
ご祭神は大津京を建都した天智天皇。皇紀2600年を記念し、昭和15年に創建。
広大な森に囲まれた境内には、朱塗りの楼門、近江造りの本殿などが荘厳な雰囲気を漂わせています。天智天皇は日本で初めて漏刻(ろうこく:水時計)をつくったことから時計の始祖としてしられ、境内には様々な時計が展示された時計館宝物館もあります。
●住所/大津市神宮町1-1●営業時間/9:30〜16:30(時計館宝物館)●料金/無料(時計館宝物館300円)●休み/無(時計館宝物館:月曜日(祝日は除く))●アクセス/京都東ICより10分●駐車場/普通車200台、大型車数台●問合せ/Tel.077-522-3725●http://oumijingu.org/

義仲寺(ぎちゅうじ)
芭蕉の足跡を訪ねる
粟津の原で壮絶な死を遂げた武将・木曽義仲の墓所。後に松尾芭蕉が幾度となく滞在し、門人と月見の宴を催したといわれ、遺言により、ここに葬られています。境内には、芭蕉の句碑も多くあり、全域が国の史跡に指定されています。
●住所/大津市馬場1-5-12●営業時間/9:00〜17:00(11月〜2月は16:00まで)●休み/月曜日(祝日は除く4〜5月・10〜11月は無休)●拝観料/300円●アクセス/大津ICより5分●駐車場/無●問合せ/Tel.077-523-2811

石山寺(いしやまでら)
紫式部ゆかりのお寺
西国三十三所観音霊場第十三番札所として、また近江八景「石山の秋月」としても名高い寺院で、全国でも類を見ない巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建てられてます。奈良時代、聖武天皇の勅願により良弁僧正が開基。東寺真言宗大本山。
境内には、国宝の本堂や多宝塔をはじめとする文化財や、桜・ツツジ・菖蒲などが咲き誇り、花のお寺としても有名です。
●住所/大津市石山寺1-1-1●営業時間/8:00〜16:30●休み/無●拝観料/600円●アクセス/瀬田西、東ICより10分●駐車場/普通車140台、大型車数台(有料)●問合せ/Tel.077−537-0013
http://www.ishiyamadera.or.jp/

建部大社(たけべたいしゃ)
源平争乱ゆかりの地
日本武尊を祭神とする近江一の宮といわれる古社であり、源頼朝が平家に捕らえられて伊豆に流される途中に源氏の再興を祈願し、その願が叶って以来、出世開運の神として信仰を集めています。8月17日には大津三大祭の一つである水上祭「船幸祭」が、瀬田川を舞台に催されます。
●住所/大津市神領1-16-1●休み/無●時間/9:00〜16:00(宝物殿)●拝観料/無料 (宝物殿は200円 ※要予約)●アクセス/瀬田西、東ICより5分●駐車場/普通車70台、大型車数台●問合せ/Tel.077-545-0038●http://takebetaisha.jp/

立木観音(たちきかんのん)
弘法大師空海ゆかりの地
平安前期、弘法大師空海が厄年42歳のとき、一本の立木に等身大の観音像を刻み建立した寺といわれ、厄除け観音として広く信仰されています。浄土宗。境内まで約700段の階段があり登りごたえがあります。
●住所/大津市石山南郷町奥山1231●営業時間/9:00〜16:30●休み/無●アクセス/京滋バイパス南郷ICより10分●駐車場/普通車50台●問合せ/Tel.077-537-0008●http://www.tachikikannon.or.jp/

岩間寺(いわまでら)
西国札所第12番のお寺
奈良時代に、泰澄法師が千手観音を刻み本尊としたのがはじまりといわれています。真言宗。
本尊の観音像は、別名「汗かき観音」「ぼけ封じ観音」としても名高い西国三十三所第十二番札所です。本堂横には、芭蕉が「古池や蛙飛び込む水の音」と詠んだとされる池があります。
●住所/大津市石山内畑町82●営業時間/9:00〜16:30●休み/無●入山料/500円●アクセス/京滋バイパス石山ICより15分●駐車場/普通車20台、大型車数台●問合せ/Tel.077-534-2412
http://www.iwama-dera.or.jp/

●博物館・美術館
湖族の郷資料館(こぞくのさとしりょうかん)
詩情あふれる堅田の旅
中世堅田は、びわ湖の水運・漁業権を一手に掌握し、泉州堺と並ぶ自治都市として栄えました。その歴史、文化を築いた堅田衆(湖族)をはじめ堅田ゆかりの先人の足跡を、様々な資料を通して学ぶことができる町の資料館。
●住所/大津市本堅田1-21-27●営業時間/10:00〜16:00●休み/水曜日、年末年始●料金/100円●アクセス/湖西道路真野ICから10分●駐車場/普通車10台、大型車数台●問合せ/Tel.077-574-1685

ガーデンミュージアム比叡
(がーでんみゅーじあむひえい)
庭園とアートを楽しむ
フランス印象派の画家たちの描いた作品をモチーフに、フランス人デザイナーが設計した庭園美術館。約1.7haの園内には、南フランスの丘陵地をイメージした庭園や太鼓橋のかかる睡蓮の池、ローズガーデンなど趣向をこらした庭園が広がり、モネ、ルノワールなど、印象派の画家たちの描いた絵画を陶版で再現展示しています。
●住所/京都市左京区修学院尺羅ヶ谷四明ケ嶽4●営業時間/10:00〜17:30(夏期時間延長あり)●料金/4月15日〜12月3日(平成29年度) 1030円(詳しくはホームページを参照下さい。)●休み/12月4日〜4月14日(平成29年度)●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、比叡山ドライブウェイ(有料)経由45分●駐車場/普通車260台、大型バス10台●問合せ/Tel.075-707-7733 ●http://www.garden-museum-hiei.co.jp/

大津市歴史博物館(おおつしれきしはくぶつかん)
大津の歴史を学ぶ・感じる
大津の文化財や歴史資料を収集、保管、調査研究し、公開する目的で造られた施設です。大津の歴史と文化を映像や模型でわかりやすく紹介した常設展示のほか、ユニークな企画展を随時開催しています。資料閲覧室もあります。
●住所/大津市御陵町2-2●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、祝翌日(土曜日、日曜日の場合は開館)、年末年始●料金/常設展320円、企画展別途●アクセス/大津ICより10分●駐車場/普通車70台、大型車数台●問合せ/Tel.077-521-2100
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

大津祭曳山展示館(おおつまつりひきやまてんじかん)
大津祭をいつでも楽しむ
湖国三大祭の一つ大津祭をテーマにした展示館。原寸大の曳山(レプリカ)をはじめ、独特のからくりや幕類を映像などで紹介。ダイナミックに展開される祭りの賑やかさ、楽しさが体感できます。
●住所/大津市中央1-2-27●営業時間/9:00〜18:00(入館は17:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始●料金/無料●アクセス/大津ICより5分●駐車場/無●問合せ/Tel.077-521-1013
http://www.otsu-matsuri.jp/pavilion/

●お湯・温泉
おごと温泉観光公園
(おごとおんせんかんこうこうえん)
おごと温泉の足湯で温まろう!
平成23年2月1日にオープンした「おごと温泉観光公園」。天然温泉の足湯で手軽におごと温泉を楽しめます。周辺の観光案内や地元物産品の展示・販売、カフェも併設しています。 公園では、芝生の上やベンチに座りびわ湖を一望しながら休憩できます。
●住所/大津市雄琴1-2-17●営業時間/8:00〜18:00※カフェの営業時間は11:00〜18:00(ラストオーダー17:00)●休み/年末年始(12/30〜1/1)不定休あり●料金/入場及び足湯の利用は無料●アクセス/京都東ICより西大津バイパス経由、湖西道路仰木雄琴ICより南へ国道161号経由約5分●駐車場/有●問合せ/Tel.077-578-3750●http://www.ogotoonsen.com/koen/index.html

比良とぴあ(ひらとぴあ)
旅の疲れを癒す手軽な温泉
比良山系を望む自然のなかの温泉施設。露天風呂のほか多目的交流広場や体験工房をはじめ、県内初のマレットゴルフコースもあります。登山客も多く、比良をめぐったそのあとにゆっくり疲れを癒そうという人々でにぎわいます。
●泉質/単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
●効能/神経痛・筋肉痛・冷え性・疲労回復等
●住所/大津市北比良1039-2●営業時間/10:00〜21:00(受付は20:30まで)●休み/年末年始、不定期メンテナンス有●入浴料/70才以上410円、中学生〜70才未満610円、小学生410円●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、湖西道路、志賀バイパス(比良ランプ)経由約40分●駐車場/普通車37台、大型車2台、障害者用スペース有●問合せ/Tel.077-596-8388 ●http://www.hiratopia.com/

おごと温泉(おごとおんせん)
湖畔の温泉郷で身も心ものんびりと
比叡山を背に、その門前町である坂本に隣接するおごと温泉は古来より霊泉の涌くところとして有名で、温泉は伝教大師最澄により開湯されたと伝えられ、リューマチ、神経痛、筋肉痛などに効果があります。
市内最大の宿泊拠点として賑わっており、各旅館では季節の湖の味を堪能できます。
●住所/大津市苗鹿(のうか)周辺、または雄琴周辺●営業時間、料金、休みなどは各施設ごとにより異なります。ホームページでご確認ください。●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、湖西道路経由約20分●駐車場/有●問合せ/おごと温泉観光協会 Tel.077-578-1650●http://www.ogotoonsen.com/

石山・南郷温泉(いしやま・なんごうおんせん)
瀬田川のほとりの温泉でゆったりと
石山寺の門前町として古くから栄えた旅館街。1963(昭和38年)に」温泉が発見され、石山寺や岩間寺、立木観音などの観音めぐりや湯治に遠方からも大勢の観光客が訪れます。
●住所/大津市石山寺、南郷●営業時間、休み、料金などは事前にお問合せください。●アクセス/瀬田西、東ICより約5分(石山温泉)約10分(南郷温泉)●駐車場/有●問合せ/石山駅観光案内所 Tel.077-534-0706

●名物・名産処
湖の駅 浜大津(うみのえき はまおおつ)
びわ湖・滋賀のめぐみ発信ステーション
大津港は、古くから琵琶湖水運の物資の集積地として栄え、宿場町大津宿場としても賑わっていました。湖の駅は、昔の大津港の賑わいを再現すべく、湖の物と山の物など多彩な近江の特産品を集めた常設市場です。近江国自慢の逸品をその場で食べられるフードコートも併設。
●住所/大津市浜町2-1 浜大津アーカス2F●営業時間/10:00〜22:00※フードコートのラストオーダーはフード21:00、ドリンク21:30●休み/無●料金/入場無料●アクセス/大津ICより北へ約5分●駐車場/有●問合せ/Tel.077-526-8286●http://www.umino-eki.jp/

道の駅びわ湖大橋米プラザ
(みちのえきびわこおおはしこめぷらざ)
びわ湖の眺めと地元農産物
琵琶湖大橋の絶好のビュースポットにある道の駅。おみやげもの、レストラン、滋賀県産農産物の販売所もあります。
●住所/大津市今堅田3-1-1●営業時間/9:00〜19:00(季節・施設により変動あり)●休み/年末年始●駐車場/普通車136台、大型車19台●アクセス/湖西道路真野ICより5分
●問合せ/Tel.077-572-0504●http://www.umino-eki.jp/biwakoohashi/