湖族の郷資料館(こぞくのさとしりょうかん)
詩情あふれる堅田の旅
中世堅田は、びわ湖の水運・漁業権を一手に掌握し、泉州堺と並ぶ自治都市として栄えました。その歴史、文化を築いた堅田衆(湖族)をはじめ堅田ゆかりの先人の足跡を、様々な資料を通して学ぶことができる町の資料館。
●住所/大津市本堅田1-21-27●営業時間/9:00〜17:00●休み/水曜日、年末年始●料金/100円●アクセス/湖西道路真野ICから10分●駐車場/普通車10台、大型車数台●問合せ/Tel.077-574-1685

ガーデンミュージアム比叡
(がーでんみゅーじあむひえい)
庭園とアートを楽しむ
フランス印象派の画家たちの描いた作品をモチーフに、フランス人デザイナーが設計した庭園美術館。約1.7haの園内には、南フランスの丘陵地をイメージした庭園や太鼓橋のかかる睡蓮の池、ローズガーデンなど趣向をこらした庭園が広がり、モネ、ルノワールなど、印象派の画家たちの描いた絵画を陶版で再現展示しています。
●住所/京都市左京区修学院尺羅ヶ谷四明ケ嶽4●営業時間/10:00〜17:30(夏期時間延長あり)●料金/4月16日〜12月4日(平成28年度) 1030円(詳しくはホームページを参照下さい。)●休み/12月5日〜4月15日(平成28年度)●アクセス/京都東ICより西大津バイパス、比叡山ドライブウェイ(有料)経由45分●駐車場/普通車260台、大型バス10台●問合せ/Tel.075-707-7733 ●http://www.garden-museum-hiei.co.jp/

大津市歴史博物館(おおつしれきしはくぶつかん)
大津の歴史を学ぶ・感じる
大津の文化財や歴史資料を収集、保管、調査研究し、公開する目的で造られた施設です。大津の歴史と文化を映像や模型でわかりやすく紹介した常設展示のほか、ユニークな企画展を随時開催しています。資料閲覧室もあります。
●住所/大津市御陵町2-2●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、祝翌日(土曜日、日曜日の場合は開館)、年末年始●料金/常設展320円、企画展別途●アクセス/大津ICより10分●駐車場/普通車70台、大型車数台●問合せ/Tel.077-521-2100
http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

大津祭曳山展示館(おおつまつりひきやまてんじかん)
大津祭をいつでも楽しむ
湖国三大祭の一つ大津祭をテーマにした展示館。原寸大の曳山(レプリカ)をはじめ、独特のからくりや幕類を映像などで紹介。ダイナミックに展開される祭りの賑やかさ、楽しさが体感できます。
●住所/大津市中央1-2-27●営業時間/9:00〜18:00●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、祝翌日、年末年始●料金/無料●アクセス/大津ICより5分●駐車場/無●問合せ/Tel.077-521-1013
http://www.otsu-matsuri.jp/pavilion/

草津市立水生植物公園みずの森
植物と人、水と人のふれあいを体感
三方を豊かな琵琶湖の自然に囲まれた心安らぐ植物園です。珍しい草花やハンギングバスケットにより、四季を通じて彩られています。また、スイレンやハスのほか様々な水生植物が観察できます。中でもスイレンは日本最多の種類を誇ります。館内の温室では、1年を通じて熱帯性スイレンが楽しめます。
●住所/草津市下物町1091●営業時間/●営業時間/9:00〜17:00(入園は16:30まで)、夏期(7月中旬〜8月中旬)9:00〜17:00、冬期(11月〜2月)9:30〜16:00 ●休み/月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始●入園料 /大人 300円、 高大生 250円 、 小中学生 150円※琵琶湖博物館との共通券もあります。●駐車場/普通車97台、大型車3台●アクセス/瀬田西・栗東ICから約30分、草津田上ICから約40分●問合せ/Tel.077-568-2332
http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/

史跡 草津宿本陣(しせき くさつじゅくほんじん)
吉良上野介や浅野内匠頭も泊まった本陣
江戸時代に大名・幕府役人・勅使などが休憩・宿泊した施設。大福帳(宿帳)には、皇女和宮や新選組副長の土方歳三、シーボルトなどの名も見えます。東海道筋で現存する最大規模の本陣で、当時の姿をとどめ国の史跡になっています。
●住所/草津市草津1丁目2-8●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は開館)、祝翌日(土曜日・日曜日は開館)、年末年始●入館料/大人 240円 高大生 180円 小中学生 120円 草津市内在住の65歳以上の人 120円 (草津宿街道交流館との共通券もあります。)●駐車場/普通車6台●アクセス/栗東ICより約15分、草津田上ICより約15分
●問合せ/Tel.077-561-6636●http://www.kusatsujuku.jp/

草津市立 草津宿街道交流館
宿と街道のよもやま情報発信館
草津宿や街道の情報を資料映像、展示資料で紹介。館内では江戸時代の旅姿や浮世絵摺りが体験できます。
●住所/草津市草津三丁目10-4 ●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は開館)、祝翌日(土曜日・日曜日は開館)、年末年始●入館料/大人 200円、 高大生 150円、 小中学生 100円 草津市内在住の65歳以上の人 100円 (草津宿本陣との共通券もあります。)●駐車場/普通車2台、または市役所立体駐車場を利用ください。●アクセス/栗東ICより約15分、草津田上ICより約15分●問合せ/Tel.077-567-0030●http://www.kusatsujuku.jp/

佐川美術館
入場ゲートからワクワクドキドキの美術館!
日本を代表する芸術家、平山郁夫氏の日本画と佐藤忠良氏の彫刻を中心に展示しています。また併設の樂吉左衞門館は、同氏の陶芸作品と茶の空間を見事に演出しています。(なお、館内の茶室見学を希望される場合、別途予約と見学料が必要になります。)水庭を臨むカフェで、鑑賞後はゆっくりとおくつろぎください。
●住所/守山市水保町北川2891●営業時間/9:30〜17:00(入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始●入館料 /大人 1,000円、高大生 600円、小中生 300円●駐車場/普通車70台●アクセス/栗東・瀬田西ICから約35分、湖西道路真野ICから約15分●問合せ/佐川美術館 Tel.077-585-7800 ●http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

中山道街道文化交流館
中山道沿いの町家で街道の歴史再発見
中山道・守山宿をはじめ、街道や宿場の情報をさまざまな視点から、わかりやすく発信しています。江戸時代から続く街道筋に残る町家の一部を利用しています。展示や休憩スペースもあり、旅行者や市民のふれあいの場として利用されています。
●住所/守山市守山一丁目8-14●開館時間/10:00〜17:00●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始●入館料/無料●アクセス/栗東ICより約15分(守山駅前)、徒歩10分●問合せ/守山市商工観光課 Tel.077-582-1131

守山宿・町家 うの家
故きを温ねて新しきを知る。中山道守山宿に新たなランドマークが誕生。
平成24年1月、守山宿・町家“うの家”がオープンしました。 江戸時代末期から明治初期に建てられた主屋、造り酒屋の趣を残す蔵などを改修し、展示室、ギャラリー、飲食店を整備しました。 守山の歴史文化を学ぶもよし、趣味や活動の拠点とするもよし、親しい友人などと憩うもよし、使い方はあなた次第です。
●住所/〒524-0022 滋賀県守山市守山一丁目10-2●開館時間/9:00〜17:00(貸館のみ 9:00〜22:00)●定休日/第1・第3火曜日年末年始●入館料/無料●アクセス/栗東ICより約15分(守山駅前)、徒歩10分●問合せ/Tel.077-583-2366●http://www.unoke.jp/

もりやまバラ・ハーブ園
鮮やかな花と香りが園内を包みます
82種1800本のバラと100種3900本のハーブを楽しむことができます。バラは、春と秋に見ごろを迎えます。また、温室では60種約200本の観葉植物を栽培しており、ハーブを集めた「香りの温室」や「ベゴニア温室」があります。
●住所/守山市幸津川町2840●開園時間/9:30〜16:30●休み/毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始●入園料/大人 200円、中学生以下・障害者・65歳以上 100円(団体割引あり)※5月、6月、10月以外は無料●普通車180台●アクセス/栗東ICから約25分
●問合せ/Tel.077-585-1975

栗東歴史民俗博物館
ホンモノに出逢える博物館
金勝寺を中心に花開いた仏教文化、東海道・中山道の主要幹線道路が整備されて賑わった江戸時代の街道の村々、全国に知られた鋳物ブランド『辻鋳物師』の作品など、実物資料を中心に栗東の歴史を紹介しています。
●住所/栗東市小野223-8●営業時間/9:30〜17:00(但し入館は16:30まで)●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、祝翌日●入館料/無料(ただし特別展示展開催時には別途料金が設定されることがあります。)●駐車場/普通車20台●アクセス/栗東ICより約5分
●問合せ/Tel.077-554-2733●http://www.city.ritto.shiga.jp/hakubutsukan/

銅鐸博物館(どうたくはくぶつかん)
銅鐸の謎に迫り、古代の生活が体感できる
野洲市からは日本一大きな銅鐸が出土しました。館内では銅鐸展示や、野洲の歴史、民俗を紹介しています。隣接する弥生の森歴史公園には竪穴住居や高床倉庫を復元していて、森の中に広がる弥生時代を体感できます。また、体験工房では、古代のアクセサリーである、まが玉や土器づくり、野洲市の篠原土を使った陶芸なども楽しめます。
●住所/野洲市辻町57-1●営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)●休み/毎週月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土・日・祝日は開館)●入場料/大人 200円、高大生 150円、小中学生 100円(弥生の森は入園無料)●駐車場/普通車50台(銅鐸博物館)●アクセス/竜王ICまたは栗東ICより約20分●問合せ/銅鐸博物館 Tel.077-587-4410
http://www.city.yasu.lg.jp/map/24.html

近江富士花緑公園ふるさと館
(おうみふじかりょくこうえん)
みんなでゆったりと森の時間を楽しめる公園
宿泊施設や体験施設を備えた八角屋根のふるさと館。自然素材を使ったクラフトや自然観光プログラムなど様々な体験教室があります。また、4月の桜はみごとな美しさです。詳しくはふるさと館へ。
●住所/野洲市三上519●営業時間/9:00〜17:00●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始●入園料/無料(ただし宿泊体験教室は有料)●駐車場/普通車460台(260台無料・200台有料)●アクセス/竜王ICまたは栗東ICより約15分●問合せ/Tel.077-586-1930 ●http://www.ohmitetudo.co.jp/karyoku/

東海道石部宿歴史民俗資料館
江戸時代の宿帳や関札に興味津々
「京立ち石部泊り」といわれ旅人で賑わいをみせた東海道五十三次の51番目の宿場町「石部宿」。宿場町を復元した施設と本陣に残された関札、宿帳を展示した資料館があります。
●住所/湖南市雨山2-1-1(雨山文化運動公園内)●営業時間/9:00〜16:30●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始●入場料/大人 350円、児童・生徒 150円●駐車場/普通車30台●アクセス/栗東ICより約20分、栗東湖南ICより約15分●問合せ/管理事務所 Tel.0748-77-5400
http://www.burari-konan.jp/kanko/tokaido-ishibejyuku-rekishiminzokushiryokan.html

うつくし松自生地
美松山の斜面だけに群生する、極めて珍しいマツ。劣性遺伝による変種といわれ、国の天然記念物に指定されています。根本近くから枝が放射状に分岐した樹形は、まるで扇か傘のよう。平安時代、藤原頼平が静養でこの地を訪れた際、松尾神社の使いの童女が現れ、周囲の山を美しい松に変えたとか。そんな伝説にふさわしい、神秘的なムードをたたえた名所です。
●住所/湖南市平松(美松山)●駐車場/あり●アクセス/栗東湖南ICより約20分、竜王ICより約30分●問合せ/Tel. 0748-71-2157(湖南市観光協会)●http://www.burari-konan.jp/kanko/utsukushi-matsu.html

MIHO MUSEUM(みほみゅーじあむ)
信楽の穏やかな山並みに抱かれた美術館
エジプトから中国にかけてシルクロードに沿った古代美術品が常設され、季節ごとに特別展が企画されます。巨匠I.Mペイにより自然との調和を重視して創り出された桃源郷です。また併設された喫茶、レストランでは農薬・肥料を使わない食材で作ったメニューが楽しめます。
●住所/甲賀市信楽町田代300 ●営業時間/10:00〜17:00(最終入館は16:00)開館期間 春季:3月中旬〜6月中旬、夏季:7月中旬〜8月中旬、秋季:9月1日〜12月中旬●入館料/大人1100円・高大生800円・小中生300円(20名以上は団体割引あり) ●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)、冬季12月中旬〜3月中旬※詳細はホームページを参照ください●アクセス/新名神信楽ICより約15分、草津田上ICより約20分、JR石山駅より帝産バス「MIHO MUSEUM行き」約50分●駐車場/普通車150台、大型バス20台(無料)●問合せ/Tel.Fax 0748-82-3411 ●http://miho.jp

東海道伝馬館(とうかいどうてんまかん)
東海道や土山宿の情報発信の拠点施設
館内には、問屋場の復元展示、街道や宿についての展示、特産品販売コーナー、体験工房などがあり、わかりやすく宿場町を紹介しており、土山宿の歴史や文化にふれることができます。
●住所/甲賀市土山町北土山1570 ●営業時間/9:00〜17:00●入館料/無料 ●休み/月曜日、火曜日、年末年始●アクセス/甲賀土山ICより国道1号線経由で約5分●駐車場/普通車15台 ●問合せ/Tel.Fax 0748-66-2770●http://www.tokaido.or.jp/tenmakan/index.html

水口城資料館・水口歴史民俗資料館
水口の歩みを知ることができる2つの施設
三代将軍徳川家光が寛永11年(1634)京都上洛の際の宿館として築城させた水口城は、京都の二条城を模したもので本丸と二の丸の二郭で構成されていました。築城当時の規模は水口城資料館にある復元模型でうかがい知ることができます。 また、曳山の館とも呼ばれる水口歴史民俗資料館には、水口曳山祭には欠かせない二層露天式人形飾屋台の構造を持つ曳山や、古墳時代の出土品や中世の古文書、焼物、細工物など水口の歴史や文化の特色を感じさせる民具や資料が保存展示されています。
【水口城資料館】 ●住所/甲賀市水口町本丸4-80●営業時間/10:00〜17:00●料金/大人100円、小中学生50円●休み/木曜日、金曜日、年末年始●アクセス/甲南ICより約10分●駐車場/普通車30台(甲賀市水口体育館の駐車場をご利用ください。)●問合せ/Tel.0748-63-5577
【水口歴史民俗資料館】 ●住所/甲賀市水口町水口5638●営業時間/10:00〜17:00●料金/大人150円、小中学生80円 記念館は無料●休み/木曜日、金曜日、年末年始●アクセス/甲南ICより10分、JR草津線 貴生川駅より近江鉄道に乗り換え水口城南駅下車北へ徒歩4分●駐車場/普通車30台(あいこうか市民ホール東駐車場) ●問合せ/Tel.0748-62-7141

信楽伝統産業会館
信楽観光は、まずここで情報収集を
はるか天平時代の焼物から近世の作品までが年代別に展示され、ひとめで信楽焼の歴史がわかります。現代作品展も常時催され、情報と文化の発信拠点となっています。
●住所/甲賀市信楽町長野1142●営業時間/9:00〜17:00 ●入館料/無料●休み/毎週木曜日(祝日の場合は翌日)●アクセス/信楽ICより約10分●駐車場/普通車6台 ●その他/多目的トイレ有●問合せ/Tel.0748-82-2345